コンテンツへスキップ

歩きやすいビルケンシュトックのススメ。

靴はその人の人となりを表すものだと思っています。

だからサンダル選びも私にとっては重要

ヒールのあるもの、極端に華奢なもの、ビーチサンダル、ウェッジソールなどありとあらゆるサンダルを履いてきましたが、今一番気に入っているのはビルケンシュトックのサンダル。

意外と思われた方もいると思いますが、私の行き着いた結論です。ビルケンシュトックのサンダルの良さをお伝えしたいと思います。

まず、歩きやすいということ。サンダルだって靴。暑い中華奢なサンダルやヒールで歩くのはとても辛いものです。靴を履くことは新しい場所へ連れて行ってくれるため。ルンルン気分で履けなければ意味がないというように思うようになりました。せっかくのデートも見た目だけ良くても足が痛くて歩けなければ楽しみも半減されてしまいます。なので歩きやすさが私にとって1番重要視することになりました。

次のポイントは形。ビルケンシュトックの形が苦手な方もいると思います。かつては私もそうでした。でも、自分に合う色、形を選べば、ぼてっとした重みのあるデザインも気にならなくなります。私が使っているのは「ギゼ」というT字になっている形のホワイトです。これなら細身に見えるので、ジーンズ、スカート、ワンピースなどどんな服装にもマッチしてくれます。

私がビルケンを買おうと思ったのは実はモデルさんがカッコよく履きこなしたのをみたからでした。モデルさんのカッコ良い履きこなしをぜひみて参考にしてみてください。