コンテンツへスキップ

子供のサンダルの選び方

私は自分が普段からサンダルを活用しております。
そのため子供にもサンダルを用意するのですが子供は私以上に活動的であるため、より頑丈なサンダルを選ぶようにしております。

最近ではサンダルもどきの靴もありますが、私はやはり昔ながらのサンダルを子供には履かせております。
その理由は、子供にすぐに靴を脱げるようにしてあげたいからです。

子供はどこで遊ぶにしても靴をすぐに脱ぎ捨てます。
砂場で遊ぶ場合や共用の場所で椅子の上上がる場合などすぐに靴を脱いで遊びます。

そのため靴としての機能を確保しつつすぐに脱げるもの、そういったサンダルを子供には履かせるようにしているのです。
そうすることで子供は十分その環境下で遊ぶことができます。

また、頑丈なサンダルを探しつつも軽いサンダルを買うようにしております。
子供はすぐに走る癖があるため、走りやすいように軽いサンダルを選ぶようにしております。

そして走ってもすぐに脱げないよう足の指で挟みこむようなサンダルを購入します。
そうすれば足の指で引っ掛かりを設けることができるため、脱げずに走れるからです。

但し、そういったサンダルを購入した場合は週に1回必ず指の挟まる部分が破れかけていないかどうかチェックするようにしております。
子供は走り回りサンダルを振る活用するためすぐに痛むことがあります。

そのため怪我をしないよう必ず週に1回はサンダルの痛み具合をチェックしているのです。
これにより子供の怪我を未然に防げますし、また必要に応じてサンダルを追加で購入することができます。

子供のサンダルは大人のサンダルに比べサイクルが早いため、できる限りストックを持つようにしており壊れたらそのストックを履かせ、次のストック用として別のサンダルを購入しておきます。
そしてサンダルを履かせ、壊れやすいサンダルだと分かった場合には以後は購入リストから外すようにしております。

これが私なりの子供のサンダルへの対応方法となっております。

<PR>JALカード|オーディオ|英語上達の秘訣|家計見直しクラブ|SEOアクセスアップ相互リンク集|クレジットカードの即日発行じゃけん|サプリメント|お家の見直ししま専科|内職 アルバイト|アフィリエイト相互リンク|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|ショッピングカート|生命保険の口コミ.COM|英語上達の秘訣|